​刀匠 宮入法廣の作刀に影響を及ぼした講師による

特別講演会のお知らせ

「受け継がれる工藝」 〜刀工達が歩んだ800年〜

日時:令和元年7月21日(日)13:30〜15:00
場所:長野県 東御市中央公民館 2階講義室 聴講無料

講師:末兼俊彦 氏  京都国立博物館 金工分野担当

講師プロフィール

1978年生まれ。

京都大学 人間・環境学研究科博士後期課程単位取得 退学。

2010年より金工分野担当として、九州国立博物館〜京都国立博物館〜東京国立博物館を経て再び京都国立博物館へ。自らが手掛けた特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」は、来場者数25万人を超える好評を博した。

画像は2018年京都国立博物館「京のかたな 展」にて特別展示された、名物 「骨喰藤四郎」写し

宮入法廣 作